連載・トピックス / ライフスタイル

空間と心のディペンデンシー

求める理想によって、こころが病む

2020/01/31 遠山高史

文/遠山高史(精神科医)

仕事ができるセールスウーマンを襲った「うつ病」

画像/123RF

K子さんは、ある服飾メーカーのセールスウーマンだったが、気分が沈みがちになり、遅刻や欠勤をするようになった。上司の勧めで病院に行くと「うつ病」と診断された。
思い余って会社を辞めようかと思ったが、K子さんの実績と貢献度から、社長の采配でパートとして子会社の出荷部に配属されることになった。

K子さんは、几帳面で仕事はソツなくできるし、少し遅刻はするが、何か事情があるのだろうからと、事務所のスタッフたちはK子さんを快く迎え入れた。
最初のひと月は何事もなく過ぎたが、そのうち、K子さんの遅刻が増えてきた。一週間に一度が、三日に一度になり、ほとんど毎日になった。ひどい時は、昼過ぎに出勤するようになった。
そんなある日、親会社から電話があった。受けたのはK子さんであった。内容は伝票の日付を変えて欲しいという他愛ないものだったが、電話を切るなり、K子さんは泣き崩れ、驚くスタッフたちを尻目に事務所から飛び出し、その日は、終業まで事務所に帰って来なかった。

さすがにこのままでは問題になると、K子さんと年齢の近いスタッフがわけを聞くことになった。

K子さんは、同じ営業部の後輩と密かに付き合っていて、結婚を考えていたという。しかし、ある日、別れ話を切り出された。その男性と別れてからというもの、食欲はなくなり、何をしても気分は晴れない、夜眠れず、朝は布団から出ることができない。ようやく出勤できたとしても、彼の姿が目に入ると泣けてくる。職場が変わっても、彼を思い出すとつらくなる。この前の電話は、その元彼本人からだったから、こらえきれず事務所を飛び出してしまったというわけだった。

「挫折知らず」が一番怖い

そもそもなぜ別れたのかと言えば、原因はK子さんのわがままだ。K子さんはスレンダーで、目の大きい美人である。彼女のどこか甘えたような口調と、厚い唇は、男性にはたまらなく魅力的に写る。実際、彼女は今回のことがあるまでは、フラれるより、フル側で、別れた後も、付き合う男に困ったことはなかった。それだけに、相手に対する理想は高く、要求も大きくなる。

さらに、K子さんが幼いころ、両親が離婚し、ずっとアパート住まいだったため、落ち着いた家庭に強いあこがれがあった。なんとしても一戸建てを手に入れて、子どもを作り、家族を作りたかった。仕事も好きで夢中で頑張ってきたが、気がつけば40歳目前である。こういった事がK子さんを焦らせ、まだまだ駆け出しの彼を責める結果になった。

プロポーズはちゃんとしてほしい、結婚式はどこでやろう、いつ結婚してくれるのか、子どもは絶対に二人は欲しい、家は庭付きで、日当たりの良いリビングと、広いベランダがほしい、庭にはテーブルとベンチを置いて、バーベキューをしよう、等々。

そんなある日、K子さんは、自分より給料が安いことについて、彼をなじった。優しかった彼の顔が硬直したのを見て、取り返しのつかないことを言ったと思ったが、もう遅かった。

結局K子さんは、しばらくして、会社を辞めた。遅刻は治らなかったし、親会社からの電話を恐れて電話を取ることもできないのでは、仕事にならない。会社もこれ以上はかばいきれなかった。元彼は、K子さんが辞めた後、すぐに別の女性と結婚した。

理想を捨てたことで手に入れた “生きやすさ”

それから、1年後、元同僚にK子さんから、結婚の知らせが届いた。会社を辞めてから、小さなラーメン屋で働いていたが、そこによく来る客と付き合うようになり、ほどなくして結婚したそうだ。

結婚祝いを携えて同僚がK子さんを訪ねると、少し肉付きが良くなったK子さんが、出迎えてくれた。そこは、小さなアパートでK子さんが、過去に話していた理想の一戸建てではなかったが、狭いながらも日当たりがよく、小ぎれいに片付けられていた。

玄関には、小さな写真が飾られていてドレスを着たK子さんと、タキシード姿の男性が写っていた。相手の男性は元彼のような、いわゆる「イイ男」ではなかったが、真面目で誠実そうであった。寝室にはベビーグッズが揃えてあった。

茶菓子を並べながらK子さんは、「理想と全然違うけど、今は幸せだよ」と言って大きなお腹をなでた。

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!