連載・トピックス / ライフスタイル

『ブラタモリ』白金編1

「伝説」を考えさせられた時空の亀裂と「伝説」

2019/11/01 岡本哲志

文/岡本哲志

図1、白金の位置とブラタモリに登場する施設

歴史は古い方から新しい時代へ流れる。それは一般的な見解だが、「本当か?」。
「伝説」に関する歴史を思い起こす時、そのように疑いたくなる。伝説は「後付け」の場合が意外と多いからだ。かつてはそう言われていなかったが、都合良く、あたかも古くからそうであったかのように。その後は、全く別の歴史が遡ってはじまる。
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』では、過去の歴史が変わると、時空に亀裂が入り、その後の地球に重大な危機が訪れるという。これはドグ博士が映画のなかで語っている理論だ。映画の主人公のマーティは「過去を変えたら危険だと言ったじゃないか」とドグ博士に詰め寄る。するとドグは「堅いこと言うなよ」と軽い言葉でかわす。いい加減だが、まさに歴史を改ざんして新たな「伝説」をつくりだす仕組みと重なるものがある。ちなみに、3作とも映画では時空を改ざんして、状況が二転三転する。歴史の改ざんを楽しむかのように。この映画、悪は改ざんを許されず、善は許される展開で終わる。限りなくアメリカ映画の王道だ。「伝説」にしてしまえば、時空に亀裂が起きないのだろうか。

2019年6月22日に『ブラタモリ』で東京・白金を取り上げ、放送された。実は私の誕生日だったのだが、それはともかく「白金はなぜシロガネーゼの街になった?」というお題で『ブラタモリ』の白金編の番組がはじまる(図1)。
タモリさんとは「ブラタモリ」の番組で白金編も含め8回案内役を務めさせていただいた。ほとんどベッタリとロケにつき合うことになった銀座編(2009年10月22日放送)は、番組で放送されない多くの時間で会話が弾んだ。ただ、テレビ的でない会話はカットされた。個人的には大変面白い対話だったのだが、テレビは視聴者を強く意識してつくられる。それが本当かどうかは別として、一般化されない会話はカットされる。

「白金長者」の伝説

図2、室町時代、江戸時代、明治時代の国立自然教育園の前身

白金編では、「白金長者」の話になった時、興味深いシーンがあった。テレビ的でないタモリさんの顔がのぞいた。私は前打ち合わせで「曖昧な白金長者の話から町名の白金に結びつける流れは止めた方がいい」と何度もディレクターに言い続けた。だが、その話がないと番組にならないと、どうしても引かなかった。そのために、仕方なく冒頭に書いた「伝説」の話へと展開したい。

確かに、白金の地に膨大な財力を誇る豪族が室町時代に存在したことは確かだ。それは、自然教育園内に今もその豪族が築いたとされる土塁が残ることでわかる。それも半端な規模ではない(図2)。

写真1、土塁の説明板

し寄せてきた時、豊富な湧水を土塁の外に吐き出す地中に設けられた水路を止めれば、広大な水面が館の周りを水没させて守りを固める仕組みも設けられていた(写真1)。しかしながら、これだけの土塁を築いた豪族が誰なのか。現段階では判明していない。出る釘は討たれる立ち位置にいたのかもしれない。謎が多いだけに、後付けの伝説はつくりやすい。

写真2、江戸時代庭園の池だったと思われるひょうたん池

何万坪もある自然教育園の敷地内に残る貴重な土塁の遺構は、江戸時代になると高松藩松平讃岐守の広大な下屋敷となる。だが、屋敷全体を庭園にするには広すぎた。せいぜい屋敷周り近くの一部、ひょうたん池周辺を回遊式庭園にしたくらいで、あとは自然のままにしておいたと思われる(写真2)。
近代に入ると、明治初期に軍の弾薬庫となる。弾薬庫は、大規模な施設を必要としない。しかも、弾薬が爆発した時を考慮し、分散させ、弾薬庫の周りを強固な塀で囲った。室町時代に築かれた土塁は、爆発時の被害を食い止める格好のものだったようで手つかずのままだった。その後、広大な土地は大正6(1917)年に御領地、昭和24(1949)年に文部省の管轄となり国の天然記念物となる。広大な自然とともに土塁も残り続けた。強固な塀はもうないが、弾薬をつくる炭として使われたジャヤナギの木が自然教育園に今すくすくと成長し続けていた(写真3)。自然のままに維持されてきた環境が語りべとなる。

写真3、ジャヤナギの木

奇跡的に現代まで残り続けた土塁だが、その館の主は「白金長者」がいたという伝説だけで誰なのか皆目わからない。戦乱のなかで、現在のところ歴史から消えている存在だ。「しろかね」を「白金」と漢字をあてた当時の人たちも、現代の私たちと同様な状況にあったと思われる。大層な豪族がいて、立派な土塁を残して消えてしまったという程度だったのだろう。その時、室町時代は「銀」を「しろかね(白金)」といい、土塁を築いた豪族もきっと銀をたんまりと蓄えていたはずだとの仮設が膨らむ。
都合のよい解釈だが、それではと「我が村は白金と漢字で書くことにしよう」ということになった。「白金長者」の伝説がつくられた時期は、江戸時代に入ってからで、その伝説のはじまりはいつの間にか室町時代まで遡ってしまった。私も番組で御先棒を担ぐことになってしまった。

「シロガネ」の新伝説

タモリさんの主張は、「しろかね」が「全国に見られる城(館)の近くを意味する」ことで、「銀=白金」ではないというものであった。タモリさんと林田アナウンサーは、終始、銀をたんまり溜め込んでいると公言すれば、泥棒に狙われるという会話が続く。「白金長者」と後世に呼ばれた豪族が室町時代にきれいに存在を歴史から消してしまう事件は何だったのか。泥棒に狙われるよりは、政治的に歴史から抹殺されたとする流れがしっくりする。これは今後の課題として残る。

では、当初どのような意味で「しろかね」とつけたのか。「しろかね」という言葉がいつから付けられたかは不明としても、タモリさんの主張に軍配が上がるように思われる。ただ、番組では、タモリさんの発言部分はカットされ、その代わりに「その話納得せず!」と書かれたフリップがタモリさんの顔の横に映し出され、その場面は終了。製作スタッフも、タモリさんの言葉をどう組み込むか苦慮したと思われる。その結果だろう。用は、テレビ的でないとの判断とテレビ的な対応というのだろうか。

むしろ、後世に「白金長者伝説」をつくりあげ、本来の「しろかね」の意味を別の意味にすり替えたこの伝説の存在が重要である。テレビ本編のタイトルは「白金はなぜシロガネーゼの街になった?」である。ここにもう一つの新たな伝説が加わるからだ。地元の人は間違うことはないが、現在は、「白金」を「しろかね」と読まず、「しろがね」と読む人が多い。「ブラタモリ白金」もそこからスタートする。
1990年代、ファッション雑誌が「シロガネーゼ」の言葉を流行らせた。
「イタリアファッションに身を包む白金に住む30代の若い主婦」層を象徴的に登場させ、イタリア・ミラノの「ミラノッコ」を呼ぶ「ミラネーゼ」にもじり、「シロガネーゼ」の造語を流行らせる。「白金(しろかね)」という土地をよくしらなくても、「シロガネ」は多くの人の記憶にインプットされた。「白金(しろかね)」ははるか昔から「白金(しろがね)」であったかのように、時代を遡った時点からの新伝説が現代に定着する。

白金はどういう町かわかりますか

写真4、明治学院大学

「しろかね」は「シロガネ」でないことがわかったとして、白金はいったいどういう町かわかるだろうか。番組スタッフは、白金の町を徘徊し、都立庭園美術館、自然教育園、聖心女子学院、明治学院大学、八芳園、旧服部金太郎邸など豪邸や、まとまった自然、ミッションスクールが狭いエリアに密度高く、しかもゆったりと立地する白金エリアをすでに何回も歩き回っていたようだ(写真4)。

写真5、行き止まりの幹線道路

また、計画倒れに終わっている2つの道の痕跡に着目する。これに関してはテレビ番組になりそうな気配を充分に感じ取ったと思われる(写真5)。
桜が奇麗に咲き誇る4月2日、下見に同行した時、統括責任者の方が「一つひとつは実に魅力的だし、興味深い。ただ、それでどうなのという感じで、ばらばら感があって番組としての物語をイメージできない」とこぼす。私は都市形成史が専門で、もちろんテレビ番組の制作者ではない。当然だが、番組制作に携わる人たちもそのようなことを期待してはいない。
下見では、すでにスタッフの人たちがブラタモリ的に、高低差や面白そうな坂道を事前に歩いていたようで、それらをなぞった。面白くない。江戸市中の山の手は、台地部に武家地、低地部に町人地がつくられ、それを結ぶように魅力的な坂道ができる。しかし、白金はそうではない。魅力的な空間は台地部だけで、低地部は歴史の痕跡が希薄である。地形が入り組む谷筋の低地は、よほど湧水が豊富だったようで、いつまでも開発されずに残り続けた。もう少し、江戸時代と現代を重ね、白金エリアの道の仕組みを探る必要があった。
このような状況で、「ブラタモリ・白金」の番組制作が具体化していき、ロケとなっていく。番組が放送される前に3回ほど歩いた白金は思いのほかミステリアスな凹凸の地形があり、個人的に大変興味深い白金編だった。そこで次回も白金について筆をすすめることにしたい。

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!