連載・トピックス / ライフスタイル

空間と心のディペンデンシー

「幸せのかたち」についての一考察

2020/02/29 遠山高史

文/遠山高史(精神科医)

結婚は転機、人生は大きくかわる

画像/123RF

人生とはどうなるかわからないものである。明るい将来と思われた人の人生が一変することもあれば、その逆もある。しかし、逆境が新しい出会いを引き寄せ、また違った生き方を歩み出す。
いまは逆境でも、一歩踏み出すことで人生は変わるものなのである。

N子さんは、しっかり者であったが、細かい事にはこだわらない、明るい性格だった。笑顔が魅力的で男女問わず人気があり、高校では生徒会の役員を務めていた。
東京の大学を卒業して、大手金融機関に入社し、そこで見つけた相手と結婚した。結婚式は盛大で、新郎新婦はこれ以上ないほどに幸せそうだった。誰しもが、二人の前途は明るいと思った。

結婚から1年後、高校時代の仲間たちがN子さんの新居に招待された。女同士、気兼ねなく語り合おうというわけだ。
新居は、東京郊外のこじんまりとしたマンションだった。部屋に入って友人達は驚いた。整然と片付けられた空間に、だ。客を招くのだから、片付いていて当然なのだが、それにしても、生活の匂いがしない。フローリングは塵一つなく、ピカピカに磨き上げられている。家具は、たった今、梱包を解かれたかの如くに新しい。生活雑貨は全て、所定の場所に収まっている。まるでインテリアショップのショールームのようだ。

高校時代、生徒会室のN子さんの机は、彼女のおおらかな性格そのままに、プリントの束や、アイドルの写真や、ちょっとした化粧品等が雑然と置かれており、教師からたまには片付けろと言われていたことを思うと、違和感さえあった。だが、片付いていることは悪いことではない――。
とはいえ、そんな違和感も楽しくおしゃべりしている間に、友人たちも気にしなくなった。

そんななかで仲間たちの目の前にN子さんの手料理が並べられた。
どちらかと言うと、N子さんは料理が苦手なはずだったので、並んだ料理を見て皆、驚き、N子さんの努力を褒めたたえた。N子さんは謙遜したが、見た目も味も見事なものだった。

経験や身につけたことは無駄にはならない

それから3年ほど経った頃、N子さんから、久しぶりに外で食事でもしようと誘いがあった。集まった友人達はその席でN子さんが離婚したことを知った。
どちらかと言えば、ふっくらとしていたN子さんが、痛ましいほどに痩せているのを見て、何があったのかと問うと、N子さんは、夫から精神的に追い詰められていたことを打ち明けた。

結婚してすぐに、営業職だった夫は仕事に悩むようになった。転職を考えるようになり、それにつれて、だんだんと、N子さんのやることなすことに小言を言うようになってきた。家事は女がするものだと主張し、共働きであるのに、家事一切をN子さんがやるようになった。食事の好みもうるさく、手料理にこだわる。そして、それについても味が濃い、種類が少ないなどことあるごとに、文句を言う。汚れや、家財道具の乱れを極端に嫌い、少しでも汚いと思うと、N子さんを叱りつける。

いかにも、N子さんのために言っているのだと、説き伏せるように言うので、N子さんは、ずっと、自分がいたらないから、叱られるのだと思いこんでいたそうだ。自分が悪いと思うからこそ誰にも言えず、仕事と家事に追われ、N子さんはやつれていった。

夫はハンサムで清潔感があり、女性の扱いも丁寧なのだが、几帳面で神経質なタイプだった。小さなことにこだわって、完璧を求めるため、物事が前に進まないことが多々あった。一方、N子さんは、持ち前の明るさと、おおらかさで、上司の覚えもめでたく、臨機応変に複雑な仕事をいくつもこなしていた。
夫はそれも気に入らなかった。

始めに異変に気が付いたのは、N子さんの兄と母親であった。帰省したN子さんの不自然な痩せ方をみてN子さんを問いただし、内情を知った兄は、N子さんに、お前の結婚生活はおかしいと説いた。

離婚は、拍子抜けするほど簡単に進んだ。N子さんの両親と兄に、離婚に応じなければ訴えると迫られると、夫はあっさりと離婚届けにサインをした。それから、逃げるように、職場を変え、N子さんとの連絡を絶った。

「人間万事塞翁が馬」は起こる

友人たちは、あの時の異常なまでに無機質な空間を思い出し、当時、すでに夫から精神的DVを受けていたのだとわかると、気が付けなかった事を悔い、憤ったが、当のN子さんは、とにかく別れることができてホッとしているようだった。

その後、N子さんは、小さなアパートに引っ越した。様子をうかがいに訪れた友人の前に、N子さんの手料理が並んだ。

焼き立てのピザを切り分けながら、N子さんは、こう話した。
「結婚生活は地獄だったけど……、よかったこともあったと思ってる。料理の腕はあがったし、整理整頓と、掃除が上手くなったからね。」
冗談めかして言ったが、それを聞いた友人はうまく笑うことができなかった。N子さんの部屋は、あの時と同じように、塵一つなく、無機質だったからだ。

それからさらに数年後、N子さんには新しい彼氏ができた。よく笑う人で、何より細かいことに頓着せず、N子さんの自由にさせてくれるのがいいとN子さんは言った。
片付けが苦手で、帰宅すると靴下をほうりっぱなしにするのが困るとN子さんはぼやいたが、幸せそうだった――。

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!