連載・トピックス / ライフスタイル

空間と心のディペンデンシー

住めば都というけれど……

2019/11/04 遠山高史

文/遠山高史(精神科医)

派閥抗争のとばっちり

画像/123RF

60代半ばの男性の話である。
仮にAさんとしておく。都心のど真ん中のマンションに住んでいたのだが、紆余曲折あって引っ越すことになった。
Aさんは元々、大手機械メーカーに勤めていたが、バブル崩壊後の経営悪化と派閥争いに巻き込まれ、肩を持っていたほうの役員が失脚したため、早期退職した。商品開発部の部長職だったので、退職金はそこそこ出されたが、そもそも経営状態が悪かったから、バブル時代と比較すると大幅に目減りした。
悠々自適な生活というわけにはいかず、コネを頼って、同業ではあるものの、だいぶ小さな会社の企画部長として再スタートを切ることとなった。

過去の輝かしい経験を活かして、商品開発をして欲しいと、鳴り物入りで入社したのはいいが、給料は激減した。しかも、新しい会社でAさんは孤立してしまった。当初、配属先の企画部では大歓迎を受けたが、3か月もすると、部下の態度が変わってきて、風当たりが強くなった。
大手に勤めていた頃は、部下が何十人もいたから、Aさんの主な仕事は、提出される書類に目を通して、あれこれと修正させ、給与の査定をしたりすることだった。雑用は部下がやるので、Aさんは机に座っていればよかった。
しかし、今の会社はそうはいかない。入社する時「企画部長」なる肩書をつけてはもらったが、肩書きは実際にあってないようなもので、部長といえども掃除から荷運びまで、なんでもやらなければならない。しかし、Aさんは勝手がわからず、前職と同じように新しい部下にあれこれと頼んだので、嫌われたのだ。当然、思うように成果は出ず、会社もAさんを疎ましく思うようになった。少しずつ給料は目減りしていき、生活は厳しくなった。マンションの維持費はますます家計を圧迫した。

自慢だった都心のマンションも追われて

Aさんは都心に住んでいることを自慢にしていたし、実際、そこは誰もが羨む高級マンションだった。内部には、スポーツジムや、共同風呂が備えてあって、住民は自由に利用できる。少し歩けば、商業施設にもすぐアクセスできる。高層の部屋だったから、景観も良い。できることなら離れたくはなかったが、背に腹は代えられない所まで来てしまった。
購入した時の金額からは下がるが、そこそこ良い値段で売れそうだと言われたので、都心からかなり離れた中古のマンションを購入することにした。

妻は、住み慣れた場所と友人達から離れるのを嫌がった。部屋数も少なくなるし、家具も捨てなければならない。何をするにも不便になると渋ったが、贅沢は言えない。
そんな矢先に、会社から、部署移動の話が出た。
製品開発で見込んでいた成果を出せていないという理由で、営業部へ移動してもらいたいということだった。引っ越しのせいで、通勤時間は今までの倍になり、不慣れな営業職へ移動、条件は悪化するばかり。Aさんは、会社を退職する事にした。

それからしばらく、Aさんとは疎遠になっていたが、先日、仲間内で食事した時に、Aさんも参加していたので、近況を聞くことができた。
会社を辞める時、さすがに落ち込んだが、一念発起して、タクシードライバーに転身。思いのほか接客に向いていたようで、稼ぎは以前より良くなった。最初は愚痴ばかりいっていた妻も、2キロ先のショッピングセンターに行くために自転車を買ったら、身体の調子が良くなった。何よりうれしいのは、実家住まいで結婚もしなかった一人息子が独立したことだ。引っ越しを期に一人暮らしを始め、今度彼女をつれてくるという。最初は狭いと思った空間も、夫婦二人で荷物を整理すると広いくらいになった。
趣味だった釣りを再開し、道具が増えたので、妻に嫌な顔をされるのが最近の悩みだという。
Aさんは「人生はわかりませんねぇ。今の家もね、最初はとんでもない所に来ちゃったなと思ったんですがね、住めば都ってやつですよ。静かだし、狭いから掃除も楽だしね」と言ってビールを美味そうに飲んだ。
確かに人生はわからない。住めば都。人生塞翁が馬だ。

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!