連載・トピックス / ライフスタイル

マンダラ塗り絵に現れる人の内面

ユングによってはじめられた現代社会での「マンダラ」の活用

2020/03/08 正木晃

文/正木晃(宗教学者)

なぜか「失見当識の状態」に陥るとマンダラを描く

マンダラによく似た図形が、文化や宗教の違いを超えて、世界中に見られる事実は、前回、指摘した。私たちの身の回りに、マンダラによく似た図形、あるいはマンダラに見立てられる物品がある事実も、すでに指摘した。視点を変えて、現代社会とのかかわりという視点からマンダラを考えるとき、絶対に無視できないのが、精神医学との関わりである。とりわけスイスの精神医学者、カール・グスタフ・ユング(1875~1961)とマンダラの関係は重要だ。

ヨーロッパで最初にマンダラの学術研究に大きな功績をあげたイタリアの東洋学者、ジョゼッペ・トゥッチ(1894~1984)は、ユングの盟友だった。そしてトゥッチはチベットの調査などを通じて得たマンダラにまつわる知見を、惜しみなくユングに提供した。
ユングとトゥッチのあいだに生じた影響関係は、文字どおり相補的だった。そもそもトゥッチがマンダラに興味をいだいたきっかけは、ユングとの出会いにあった。もし仮に、この二人が出会わなければ、マンダラを現代社会に生かそうなどと、誰も考えなかっただろう。

ユングによれば、統合失調症(精神分裂病)の患者が失見当識の状態にあるとき、つまり「私は誰?、なぜここにいるの?、ここはどこ?、いまはいったい何時なのか?」というふうに、自分自身が、いま、どういう状況におかれているのか判断できない状態にあるとき、マンダラによく似た絵を描く傾向が認められた。しかも病状が悪化する時期によりも、回復しようとする時期に、その頻度が高くなるらしかった。

マンダラ塗り絵のはじまり

もう少し具体的にいうと、主体性を喪失し、極端な没個性の状態に陥っていた患者に、一人ひとりの個性がよみがえってくる過程、すなわち「個性化」の過程で見る夢の中で、マンダラによく似た図形が出現する傾向が認められた。
また「能動的想像法」といって、特定の問題点、気分、絵画や出来事に精神を集中し、さらにそこからつむぎだされてくる一連のファンタジーに、なにも制約をくわえず、展開されるがままにしておき、やがて少しずつドラマ的な特徴を帯びるような方向へとみちびいていく方法を実践してときにも、マンダラによく似た図形が出現する傾向が認められた。

それらのマンダラによく似た図形は、患者の心の深層にひそむ何かが姿をあらわすらしいことに、ユングは注目した。ならば、患者にマンダラによく似た図形を描かせることで、病状の改善が可能になるかもしれない……。
以上のいきさつをへて、欧米に在住するユング派の精神科医や心理学者が、マンダラ型の塗り絵を考案し、治療に使い始めた。その後、日本でも一部の精神科医が、治療にマンダラ塗り絵を導入し、私自身も30年ほど前、チベット旅行に同行した知人の精神科医から、帰国後に「こんなものがありますが、興味がありますか?」と手渡された。

そのマンダラ塗り絵はアメリカ製で、すこぶる単純な図柄だった。ちょうどそのころ、私はチベット密教の図像研究に手を染めたところで、チベット・ヒマラヤ界隈をほとんど毎年、調査に訪れ、各地ですぐれたマンダラを数多く目にし、撮影していた。その経験からすると、いただいたマンダラ塗り絵は単純すぎて、おもしろみに乏しかった。もっと良いものを自分で描けるのではないかと考え、実際に描いてみた。
ただし伝統的なマンダラのコピーは避けた。それではあまりに抹香臭くて、現代人には受けいれられないと判断したためだ。

集中力と持続力――マンダラ塗り絵の効能

そこで、マンダラにとってもっとも重要な、幾何学的な構成がもたらす強い対称性をたもったまま、宗教をイメージさせがちな要素、具体的にいえば仏菩薩や神々のすがたをできるだけ消去し、動植物や風景、もしくは抽象的なパターンの繰り返しなど、誰に目にも、おもわず塗りたくなるようなデザインに変換したのである。
そして、ものは試しとばかりに、創作したマンダラ塗り絵を、そのころ教鞭をとっていた大学の学生に塗らせてみた。なぜ、マンダラを塗らせることになったのかというと、いささかオフレコっぽい話だが、学習意欲にはなはだ欠ける学生が多かったゆえである。なんとかやる気にさせる方法はないかと悩んだあげく、ひょっとしたらマンダラ塗り絵がいけるのではないか、と試してみたのだ。

塗る人によって色の選び方、塗り方がまったく違う

これが大成功だった。まさに目の色を変えてマンダラを塗り、以来、学習意欲が俄然、高まった。理由はよくわからないが、集中力と持続力が向上したことは疑いようがなかった。
いずれにしても、私の試みは、もともと精神を病む人々を対象としていたマンダラ塗り絵を、健常な人々に塗らせたという点で、少なくとも日本では画期的だったようだ。ドイツなどでは、主に幼児教育の一環として、簡単なマンダラ塗り絵を塗らせることが試みられてきたが、そういうことは日本ではまずなかったからである。

自身の学術的な研究が、学術の分野を超えて、現実の社会に役立つという事態は、残念ながら、稀にしか起こりえない。その意味で、私のマンダラ研究はじつに幸運だったといっていい。そんなこんなで、これまで30年ほどもマンダラ塗り絵にたずさわってきた。そのせいかどうか、最近では企業関係の方々から、「うちの部署で塗らせてみたのですが、個々人の性格や人格、もしくは特定の課題に対する向き不向きがわかりますか?」という依頼を受けることもある。
むろん対象は私にすれば、見ず知らずの方々である。「では、あくまで参考までに」とお断りした上で見解を記すと、恐ろしいほど当たっているそうである。

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!